悪人伝 / マ・ドンソク主演。凶悪なヤクザの組長が何者かに襲撃される。犯人と思しき男は連続殺人鬼の疑いがあり、早くから捜査をしていた暴力刑事は彼に協力を依頼。悪人が手を組み、悪人を追うバイオレンスアクション。

yakuza_kowai.png
マ・ドンソク兄貴が復讐に燃えるヤクザの組長を怪演する韓国産バイオレンスアクション。監督、脚本はイ・ウォンテ。
暴力を振るうなど問題ばかりおこすチョン刑事は、近頃起きている殺人事件が一人の犯人によるものだと断定、周りに信じてもらえなくても捜査していたが、その犯人がよりによってヤクザの親分ドンスを襲う。刺されながらも一命をとりとめた彼に接触した刑事は、協力して犯人を捕まえようと提案。ヤクザの部下たち、そして刑事たちの臨時チームが発足。少しずつその正体に近づくが……。
キム・ムヨル、キム・ソンギュら共演。
あらすじ
ある夜、凶悪なヤクザの組長チャン・ドンス(マ・ドンソク)は何者かに襲撃され、何とか一命を取り留めた彼は部下を使って犯人捜しに乗り出す。一方、警察の問題児チョン刑事は事件が無差別連続殺人鬼によるものと確信し、犯人逮捕のためドンスに協力を持ちかける。当初は反発し合いながらも、やがて二人は手を組み犯人を追い詰めていく。(シネマ・トゥデイより)


予告動画でも分かるとおり主人公というか追う側も決して正義のヒーローではなく、負けてないくらいの凶悪。だから悪人伝なのか、と納得する暴れっぷりでこれでもかと楽しませて(?)くれます。絶対に敵に回したく無いタイプ。

基本的なストーリーとしては上記あらすじの通り「刑事とヤクザが手を組んで殺人鬼を追う」というシンプルなものなんですが、そこに殺人鬼の異常性だとか、ヤクザの抗争なんかも混じってくるのでどんどん引き込まれます。多くの人間が入り乱れる大乱闘もあれば、カーチェイス。そして親分の無双っぽいのもありで、アクションシーンのオンパレード。

テーマがテーマなんで全体的に暗くて、そしてじめっとした空気が漂ってるんですが、そんなに凶暴で悪人なのに不思議と組長がカッコよく見えてくるんですよね。それはこれまでのマ・ドンソク出演作のイメージに引きづられてるのももちろんあるんですけど、雨に濡れる女子高生に傘をあげたり、日本の「任侠」のような、常識をわきまえての行動が見えるから魅力的に映る。だからこそメンツにかけても絶対に犯人を潰すってのがゾクっとするほど伝わってくるんですけど。

刑事の方もなかなかキャラが立ってて、youtube予告動画だと親分がロバート秋山に似てるなんてコメントがありましたが、僕はこっちが武井壮っぽいなと思ったり。髪型かな。親分ほどじゃ無いにせよ結構強いし、肩並べて戦えちゃうのがすごいんですよ。途中でドンスにある疑いがかかったことで直接対決もしますしね。いくら容疑者たち相手とはいえ手を上げるに対してもっと躊躇したり、警官だから法にしたがって〜とかあると思うですけど、犯人逮捕のためならなんだってやる、という信念なのか簡単にできちゃう。そういう暴走気味なところ含めて組織で浮いてるのもリアルだし、ヤクザと合同捜査なんて大それたことできちゃうのもヤケクソ感あって好きです。終盤あたりの取引もかなりダークでした。

ギリギリ感情移入できない程度の、殺人鬼の方への掘り下げもちょうど良くて、こういうのは「理解できない」からこその異質さ、気持ち悪さが出るんだと思います。動機とかも見えないし、きっかけも謎ですよね。特に最後の犠牲者のは胸糞悪いのでご注意を。法廷での供述もめちゃくちゃ腹立ちますが、そのあとの展開でスカッと。

悪人から悪人への復讐劇なのでどのような決着がつくのかハラハラしましたが、最後の最後にすごい展開。途中の疑惑については予想通りでしたが、それがあの交渉に繋がるとは。そして何が起きるのか彼がすべてを理解した時の、組長のあの笑顔。劇中トップレベルのインパクト。あえてあそこで終わるところが余韻を残して素晴らしいです。夢に出そうだけどね。

度を越したバイオレンス要素バンバンあるのでそういうのが苦手じゃなければものすごくハマると思いますし、アウトレイジとかが好きな人はおすすめ。ドンソク兄貴のダークな魅力満載でした。
吹き替えは例によって小山力也さん。

アマプラ内STAR EX チャンネルにて吹き替え版で視聴。




この記事へのコメント