【Netflix映画】6アンダーグラウンド / ライアン・レイノルズ主演&マイケル・ベイ監督。戸籍上死んだ事になったクセのある6人がとある国を救うためクーデターを仕掛ける。過去最高に[ベイヘム]してる、ノンストップ・ド派手アクション大作。

car_jiko_aori_unten_mark.png

トランスフォーマーシリーズなどで知られるマイケル・ベイ監督と、デッドプール他主演でおなじみライアンレイノルズ主演で送るノンストップアクション作品。自分たちの死を偽装し、何者でもなくなった精鋭たちを携え、悪者をやっつける激ヤバ作戦を決行。とある国の独裁者を倒し、新たな政権をつくるため、まずは彼の弟を匿うことから始めるが……。
共演は、メラニー・ロラン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、アドリア・アルホナ、コーリー・ホーキンズ、ベン・ハーディ、デイヴ・フランコ。
あらすじ
自らの死を偽装したテック界の大富豪が、卓越した技能で世界を股にかけて活躍する男女を集めチームを結成。傍若無人な独裁者を倒すため、"命"をかけた任務に挑む。(ネトフリ詳細ページより)


タイトルに6とついてる通り主人公チームは6人で構成されているのですが残念ながら序盤で1人かけてしまい、途中で新メンバーをスカウト。合計7人が登場します。それぞれ戸籍上は死んだ事になってるのでワンやツーというコードネームで呼び合うのですが、これが皆スキルは一級だけどクセのあるキャラばかりで。だからこそスカウトしたんでしょうけどね。笑えます。

ある失敗を経て、今度こそは成功させるぞ、という4ヶ月前の回想という形でイタリア編がスタートするんですが序盤から一切手加減なし。僕もつい最近知った「ベイヘム」という、マイケルベイと破壊行為(メイヘム)を掛け合わせた造語が作られるくらい彼の監督作品は爆発、破壊が登場するんですけど(冒頭で触れたトランスフォーマーシリーズとか顕著ですね) 今回は特にすごい。これネトフリオンリーでの配信だからこそ実現してるのかも知れませんが、とにかく人間が死ぬのなんかお構いなしに爆走しまくり。追手に対してもお互いにドンパチしまくるし、振り切るためにあれやこれやの妨害でときには車体が真っ二つになることもあるくらい。ドライバー担当のシックス(デイヴ・フランコ)が鮮やかに見せてくれますが、失敗とあるようにこの作戦で彼は……。
もう一つここで度肝を抜かれたのはスカイウォーカーことフォー(ベン・ハーディ)パルクール的に、屋根の上だったり高いところを飛び回り、車をナビゲートしてくれます。イタリアの街に蛍光グリーンのアルファロメオも相当見栄えあるんですけど、彼の主観映像で街並みを見下ろしてるのも相当綺麗で、スピード感と相まってめちゃくちゃテンション上がります。同時にバッタバタと人が死ぬのでグロ注意でもあるんですけどね。例えばスマホの認証を突破するために引き抜いた眼球そのものを使うなんてシーンもあります。

それが終わるとメインとなる作戦がいよいよスタート。「4人の将軍たちを倒す」(ベガス)「幽閉されている独裁者の弟を匿う」(香港)そして「独裁者を倒してクーデターを起こす」(本国トゥルギスタン)という風に舞台が変わっていくわけですが、その先々でもまあ激しい破壊行為がバンバン出てきます。香港編もめちゃくちゃ見応えあって、特に高層ビルの最上階フロアにいる独裁者の弟には大量の護衛、もとい監視役がいるわけで、かなり用意周到に潜入したのですが、想定してたよりも敵の数が多い。例えば笑気ガスを使って無効化する手筈なのに、ガスマスクに不備があってヒットマンの「スリー」が一時お荷物になっちゃう展開など、シリアスの中にもギャグを入れてくるやりたい放題さ。新メンバーのスナイパー「セブン」の見せ場としてめちゃくちゃ見応えありまして、TVゲームで自分もやりたくなってきちゃいました。さらにここでは任務達成か仲間か、という部分でのチーム内での衝突がありまして、結果的に誰も犠牲にはならなかったものの、リーダーへの不信が……。

そう思ってたらラストの豪華客船ではワンの発明品が大活躍するし、リーダーとしての判断もナイスで見直しちゃうといううまい構成になってましたね。予告動画にも若干出てるので書いてしまうと、磁力をコントロールする装置なんですが、これによってほぼすべての敵が一瞬にして無効化。劇中でも「ジェダイになった気分だ」なんて興奮気味に喋ってますけど、ほんとそういう超能力の部類ですよ。ボタン一つであらゆる金属(を身につけてるので徒然人間も)が壁の片方に吹っ飛んでいくのは圧巻。案の定調理室では大量の刃物が……なんてのもありますし(苦笑)前述の通りほぼ全てのシーンがど迫力なんですが、この映像が特にテンション上がりました。ロマンありすぎ。

作戦が無事にどうこうなるかってのもハラハラしますけど、それ以上にクセ者たちがスキルを出し合って、ときにぶつかりながらもチームとして一つの目標のために団結するっていう流れがとても面白くて、アクションだけでなくストーリーそのものにもどっぷり感情移入できました。正義のために悪者を倒す、っていうストレートなところも好きです。どうやら元々シリーズとして製作する計画のようなので、続編を期待したいと思います。僕は特にセブンがお気に入りですけど、全員キャラが濃いし魅力的です。
主演のライアンレイノルズもデットプールの時同様に加瀬さんが担当してピッタリでした。

Netflixにて吹き替え版を視聴。12月13日(昨日)より世界同時配信スタートしてますので、ぜひ。

デッドプール ブルーレイコレクション (2枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2019-03-06)
売り上げランキング: 3,291


13時間 ベンガジの秘密の兵士 [Blu-ray]
パラマウント (2017-04-07)
売り上げランキング: 3,675

この記事へのコメント