スタートレック・イントゥ・ダークネス / JJエイブラムスによる新映画版第2段。地球を危機に陥れる謎の男にシャーロックでおなじみのベネディクトカンバーバッチ。

スター・トレック イントゥ・ダークネス [Blu-ray]

テレビ、そして映画と続いたスタートレックの新章をスタートさせた2009年公開作品の続編。監督のJJエイブラムスほか、クリスパイン、ザッカリー・クイントなど前作のスタッフキャストが再集結。
さらに地球に危機をもたらす謎の男をドラマSHERLOCKでおなじみベネディクトカンバーバッチが演じたことも話題となった傑作SFアクション。
あらすじ
2259年、USSエンタープライズのカーク船長は、ある任務で重大な規律違反をしてしまい、船長から副官に降格してしまう。そんなある日、ロンドンでテロ事件を起こした犯人ハリソンがサンフランシスコにある宇宙艦隊の本部をも襲撃する事件が。ハリソンが人類と敵対するクリンゴン人が支配する惑星クロノスに逃亡したため、USSエンタープライズは同惑星へ。カークは再び船長になるが乗組員たちと意見が分かれる局面が続く。(WOWOWより)



僕はスタートレックは前作というのかJJエイブラムス版しか見たことがないド素人でして、スタトレっぽさや魅力といったものは不勉強なのですが、今回も非常に面白くてですね。過去のテレビドラマ&映画を一通り見終わったら改めて見直したい、そう思った作品でした。
キャプテンとしての資質を見込まれ、時には規律を冒してでも自分のやりたいことをやってしまうキャプテンカークと、対照的に常に冷静で彼を諭し、的確なアドバイスをしてくれる副長のスポック。この二人の友情は前回同様に胸を熱くするものがあり、大活躍するスコッティをはじめ他のクルーたちとの絆など感動的なシーンもよかったです。が、メインは何といっても今回の悪役ジョン・ハリソン。まさにミステリアスという言葉がぴったりのキャラクタで中盤までその素性も、目的も明らかにされなかったですし、それが判明してからの戦いもスリリングで。もう一人のスポックから「かなりの強敵」とネタバレされますけどその表現に嘘はなかった。銃撃戦も格闘シーンも非常にスタイリッシュで、カッコよかった。シャーロックのイメージが強いカンバーバッチですが、適役だったと思います。
その彼のストーリーもね……共感できるところがあるといいますか。遺恨や復讐。そういった感情が湧き上がった時どう行動すればいいのか。理解できるがゆえにより魅力的な悪役として映ったような気がします。
今回はかなりピンチの状態でしたが、前述のとおり仲間一人一人の知性や勇気が合わさって無事に解決したそんなような気がしますね。それぞれのクルーもキャラが立ってましたし。

WOWOWにてスタートレックの映画全12作品一挙放送を録画、最優先でこの最新作の吹き替え版を視聴しましたが、これから少しずつ過去の作品を見ていきたいと思います。

次回放送は7/26(土)よる6:00

スター・トレック イントゥ・ダークネス [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-06-25)
売り上げランキング: 299

スター・トレック イントゥ・ダークネス [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-06-25)
売り上げランキング: 418

この記事へのコメント

  • 映画ログ

    はじめまして。
    私は「映画ログ」という観た映画の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

    ブログを拝見したのですが、ぜひ映画ログでもレビューを書いていただけたら、
    と思い、コメントさせていただきました。

    トップページ
    http://www.eiga-log.com/

    こちらでメンバー間のやり取りの雰囲気がご覧になれます。
    http://www.eiga-log.com/rc/

    また、映画をラックに入れていくだけでグラフが作れます。
    http://www.eiga-log.com/profile/eigalog/

    映画が好きな人同士、映画の話題で盛り上がっています。
    よろしければぜひ遊びにきてください。

    お待ちしております。
    2014年07月23日 11:32

この記事へのトラックバック