ジャックと天空の巨人 / ブライアン・シンガーが童話を大胆にアレンジ。とらわれた姫を助けるため、いざ巨人との戦いへ!!

ジャックと天空の巨人 ブルーレイ&DVDセット (2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

X-MENで知られるブライアンシンガー監督が、有名な童話「ジャックと豆の木」を大胆にアレンジしたアクションアドベンチャー。
主役のジャックにはそのX-MENでビーストを演じるニコラス・ホルト、王女役にエレノア・トムリンソンのほか、ユアン・マクレガー、スタンリートゥッチ、エディマーサン共演。
あらすじ
貧しい農民の青年ジャックは、馬を売った代金に奇妙な豆を手にする。その矢先、冒険を夢見て城を抜け出した王女イザベルが嵐に見舞われ、ジャックの粗末な家へ雨宿りにやって来た。そのとき、雨に濡れた豆の一粒が芽を出し、家ごと天空へつるを伸ばしはじめる。地面に取り残されたジャックは、翌日騎士エルモント率いるイザベル姫の捜索隊に志願、豆の木を上る。やがて一行の前に、伝説の巨人たちが住む天空の国が姿を現わし……。(WOWOWより)


巨人の国に迷い込んだ人間はミクロアドベンチャー?圧倒的体格差の前に、果たして勝機はあるのか??
おとぎ話をもとにした実写映画はここ10年くらいで何本も製作されていますが、誰しもがストーリーを知ってるがゆえにどうアレンジしてるのかというのが一番の関心どころ。今作はズバリ『巨人と人間との戦い』が一番の見どころです。
そこまでリアルにする必要あるのかっていうくらい匂いまで伝わってきそうな巨人たちのビジュアルも圧倒されますし、天空の国を舞台にしたお姫様救出劇はまるで主人公たちが小人化してしまったのか、と感じるほど。人間たちを応援してるのに、サイズ的に「人間 対 虫」くらいの差なのでどっちがメインかわからなくなってきます。
混乱に乗じて伝説の冠を使い、征服をたくらむ悪役のスタンリートゥッチも適度に小物臭がしてすごくよかったし、国に忠実で、ジャックを認めてくれるエルモントのイケメンぷりもよかった。
後半から舞台が地上に変わるのですが、そこで『人間の維持』みたいな、単にデカい方が勝つわけじゃないという展開になっていって、かなり熱かった。
決着の仕方がちょっと反則というかちょいグロテスクというか……伏線だろうなとは思ってましたがああいう使い方とはねぇ…
ジャックと姫のラブロマンスも本筋を邪魔しないし、最初の家族からの扱いの対比とかを含めて二人の関係性はとてもよかった。ありがちですけど男顔負けのカッコいい姫さまでした。

原題はJack the Giant Slayer。ですが、クロエモレッツ(キック・アス他)も出ているJack and the Beanstalkという作品がありまして、そちらも「ジャックと天空の巨人」という邦題。似ているのでご注意ください。

WOWOWにて字幕版録画、視聴。
次回放送は3月20日午後4:00

ジャックと天空の巨人 ブルーレイ&DVDセット (2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-08-07)
売り上げランキング: 7,881

ジャックと天空の巨人 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2014-03-05)
売り上げランキング: 1,528

ジャックと天空の巨人 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2014-03-05)
売り上げランキング: 1,151


クロエ・グレース・モレッツ  ジャックと天空の巨人 [DVD]
アメイジングD.C. (2013-04-03)
売り上げランキング: 77,213


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック