パシフィック・リム / 突然現れたKAIJU。人類はイエーガーという兵器に乗り込み、彼らに対抗する。最高に燃える映画。

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

「ヘルボーイ」他のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとった、ロボットVS巨大怪獣の壮絶な戦いを描いたSFアクション作品。
日本の特撮怪獣、ロボットものへのオマージュたっぷり。巨額の制作費をかけただけのあるVFXは迫力満点。これが僕らが描いたハリウッド映画だ。
あらすじ
2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から超高層ビル並の巨体をもった怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が壊滅する。人類は存亡をかけて団結し、環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は英知を結集して人型巨大兵器「イェーガー」を開発。KAIJUとの戦いに乗り出す。それから10年が過ぎ、人類とKAIJUの戦いは続いていたが、かつてKAIJUにより兄を亡くし、失意のどん底にいたイェーガーのパイロット、ローリーは再び立ち上がることを決意。日本人研究者のマコ・モリとコンビを組み、旧型イェーガーのジプシー・デンジャーを修復する。(映画.comより)

吹き替え版↓


日本男児なら、いやそうじゃなくても燃えるシーン展開の連続。
ちょっと興奮しすぎて上手く言葉にならないくらい面白かった映画。2013年公開作品の中でもトップレベルに好きな作品で、設定や予告映像からあった期待を裏切らないとても素晴らしい映画でした。
そもそも僕自身はそこまで特撮怪獣とかロボットアニメとか知らないので、これはあの作品へのオマージュかな?という議論とかできなくて非常に口惜しいのですが、喧嘩だけは強かった兄弟のマシン。兄が怪獣にやられる。数年後、最終決戦を前に招集されるというベタなストーリーに加え、菊池凛子さん演じるマコの過去(芦田愛菜さんの演技がやばかった)や、親子愛。未曾有の危機を前に、人類が一致団結して闘う展開は燃えまくりです。
主人公の吹き替えに杉田智和さん(ジョセフ・ジョースター他)というこれまたアニメゲーム詳しい方がやってていて、「ロケットパンチ」なんていうアドリブ(?)もあったり、そういう見所もありました。
全体を通じてバトルシーンの迫力が半端なくて、特に中盤あたりの香港を舞台にした戦いは最高。
我慢しきれずDVDレンタルで見ましたが、新品価格がもう少し下がったら3Dブルーレイ購入を予定してるので今から楽しみです。

尺の関係でスポットがあたるイエーガー、パイロットが限られてますが、コミックとかで色々と補完されたりするようですので、続編制作にのぞみをかけつつ、そちらもチェックしたいと思います。

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-12-11)
売り上げランキング: 16

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-12-11)
売り上げランキング: 179

パシフィック・リム:イヤーゼロ (ShoPro Books)
トラビス・ビーチャム
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 3,333

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック