フランケンウィ二ー/愛犬を失った少年の禁断の実験。ティムバートンが自身の短編映画をリメイク。

フランケンウィニー ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray]

独特の世界観で毎回楽しませてくれるティムバートンが無名時代の84年に発表した実写短編映画を自身の手でリメイク。「ウォレスとグルミット」などでも使われてる少しずつ違う写真を何枚もつかって動かす「ストップモーション」それも全編モノクロで表現。
内気な少年ヴィクターは事故で大好きな愛犬のスパーキーを亡くしてしまうが、学校で見た実験をヒントに雷をつかってスパーキーを生き返らせてしまうのだが…
ペットを大事に思う少年の心が痛いほど伝わってくる、誰にもおすすめしたい感動作。


あらすじ
郊外。ヴィクターは科学と映画作りに夢中な10歳の少年。陽気な愛犬スパーキーは誰よりもヴィクターと仲良しでかけがえのない相棒だ。ある日、ヴィクターが出場した野球の試合で、ホームランボールを追いかけて道路に飛び出したスパーキーは車にひかれて死んでしまう。悲しみに暮れるヴィクターは学校で見た科学の実験をヒントに、スパーキーを生き返らせる。彼はツギハギだらけの体であるスパーキーを屋根裏部屋に隠すが……。(WOWOWより)


別れを経験した皆が思う「可能なら戻ってき欲しい」それが実現出来てしまったとき…
モノクロなので見づらいかな、わかりにくいかなと思ったのですが、ストップモーションアニメなので実物としての存在感があり、光と影のバランスが絶妙でまったくの思い過ごしでした。
科学オタク。些細な気持ちで禁断の実験。というのはB級モンスター作品でも目にしますけど、根底にある「スパーキーをどれほど恋しく思っているか」がありありと感じられ、彼の気持ちが痛いほどわかります。
いつまでも隠し通せるはずもないので、露見して騒動になるのは予想できてたんですが、後半にかけてあんなことになるとは。彼のクラスメイトもみんなキャラが立ってて面白かったんですが、ちゃんと本筋に絡んできましたし。科学の先生もいいですし、ヴィクターへの言葉がグッときました。
電気だけであんなになるのか、とちょっときになる部分もありましたが、WOWOWにある「督が好きなある日本映画へのオマージュも登場する」とあるように、あれがやりたかったんだんぁ、と(笑)

本来なら超えてはいけないライン。せつない終わりも覚悟していたんですが…個人的には大満足な終わり方でしたし、エンディング曲もよかったです。

原題も同じですが、"weenie"は弱虫、とかオタクって意味があるので、ヴィクターのことを指してるんですね。子供版フランケンシュタイン博士、的な。

WOWOWにて吹き替え版録画、視聴。
次回放送は11/30(土)午後1:15(字幕)
12/23(月・祝)午後4:00(吹き替え)

フランケンウィニー ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013-04-17)
売り上げランキング: 12,375

フランケンウィニー DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013-04-17)
売り上げランキング: 4,465



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック