HOME 愛しの座敷わらし / 引っ越し先の古民家で出会った座敷わらし。家族の再生物語。

HOME 愛しの座敷わらし スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]

直木賞候補にもなった荻原浩の小説「愛しの座敷わらし」を原作にした、家族の再生を描く物語。荻原浩さんといえば「明日の記憶」も心に来るものがありましたが、今回もかなりグッときました。
水谷豊演じる父親の転勤によって岩手の古民家に引っ越してきた「高橋家」。あまりにも環境が変わったために戸惑う家族だったが、その古民家に居ついた"座敷わらし"に遭遇し……
共演は安田成美、橋本愛、濱田龍臣、草笛光子
あらすじ
 仕事がうまくいかないサラリーマンの高橋晃一は、東京から岩手に転勤になったのを機に、築200年の古民家に引っ越すことに。しかし、慣れない田舎暮らしに妻の史子は不満タラタラ。中学生の長女も転校先で居場所を見つけられず、小学5年の長男も持病のぜんそくでサッカーをやりたくても出来ない日々。おまけに母親には認知症の不安が。そんな中、不思議な出来事が高橋家で起こり始める。どうやらこの家には福を呼ぶとも言われる不思議な存在“座敷わらし”が住みついているらしいのだが…。(allchinema.comより)


序盤の、ひとりでウキウキしてる父晃一と、家族とのギャップにいきなり笑ってしまいましたが、東京暮らしをしていたのに突然藁ぶき屋根、ボットン便所の古民家に住むことになったらと思えば、ああいう反応になるのもうなづけます。お隣のお宅まで数100mとか、まさに僕らがイメージするステレオタイプな「田舎」そのものですし。
奇妙な音、勝手に外れるコンセント。お風呂をのぞいたり、鏡越しに見える顔。ともすればホラー映画かな?とも思える演出に最初はこっちまで驚きましたが、座敷わらしのことを知ると家族は好意的に感じるようになり、長男なんか一緒になって草に寝転ぶしまつ。このあたりは少し非現実すぎるかなと思ったんですが、幻想的な雰囲気と座敷童の可愛らしいビジュアルのおかげでそこまで違和感ありませんでした。
変なものが見えることを恐る恐る報告する妻に対し、晃一が笑ってしまうシーンがあるのですが、作品を通じて一番笑いました。((予告動画のラストのところです。)水谷さんはこういうコミカルなことやると普段のギャップでついついツボに入ってしまうから困ります。
後半にかけてその晃一の思わぬ転記、そして祖母が…という展開もありますが、座敷わらしと出会い、家族で過ごす時間が増えるなかで彼が感じた思い、それを囲炉裏の前で伝えるシーン、上司に愛について語るシーンはグッときましたし、この作品のテーマである家族について色々なことを考えさせられました。
結末は僕にとって不意打ちというか本当に予想外で、さわやかな涙をさそうエンディングでした。

ぜひ家族とともに見ていただきたい映画。

HOME 愛しの座敷わらし スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2012-10-02)
売り上げランキング: 23,191

HOME 愛しの座敷わらし スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
Happinet(SB)(D) (2012-10-02)
売り上げランキング: 24,167

愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)
荻原 浩
朝日新聞出版
売り上げランキング: 56,077


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック