トラベラーズ 次元警察 / 坂本浩一監督×長澤奈央×木下あゆ美。SFアクション。

トラベラーズ 次元警察 [DVD]

今現在放送中のキョウリュウジャーのメイン監督の他、数多くの特撮、アクションを撮ってきた坂本浩一監督が、長澤奈央(ハリケンジャー他)木下あゆ美(デカレンジャー他)をヒロインにして描くアクション映画。
パラレルワールド、魔法などのSF要素に、強くてカッコいい美女、迫力のアクション(主に脚ワザ)で魅せる!
長澤奈央ファン必見の一本。
あらすじ
次元犯罪者の追跡のため、レトロワールドへと移動した次元警察官のアイ(長澤奈央)が、犯人を捕らえようとしたところ、かつての相棒ユイ(木下あゆ美)が出現。ユイは次元テロリスト組織ダウトの一員となったという。アイは、ダウトがターゲットにしている特殊能力者ハルカ(高山侑子)を保護するためフェアリーワールドへ。しかし、再びユイがアイの前に現われ……。(ヤフー映画より


いきなりレトロワールド、なんて言葉出てきちゃいますが、主人公たちがいる「オリジナルワールド」のほかに中国っぽい世界の「レトロワールド」現代風でありながら魔法のようなものが存在する「フェアリーワールド」そして全面モノクロのような荒廃した世界「ロストワールド」などが存在しておりまして、Aという世界で捜査官だった人間はBの世界ではアナウンサー、のように、パラレルワールドごとに一人ずつ、立場や性格が違うもう一人の自分が存在してるわけです。そのためメインの役者さんが一人何役もこなしていまして、演じ分けの上手さというか、ギャップが面白かったです。
前半のストーリーの流れ的には予想できる部分が多く(とくに誰が正義でだれが悪なのかという点)その分アクションや特に長澤さんの魅力を存分に堪能することができるのですが、後半にかけ、過去に起きた出来事や消されていた記憶が明らかになっていくのは意外性があってすごく面白かったです。特にドロップの伏線はかなりグッときました。
坂本浩一監督作を見ているとわかることですが、特に女性の脚を魅力的に撮ることが多く、今作も蹴りがかなり出てきて、本当にカッコよかったです。長澤さんフォーゼでもキックボクサー?の役柄でしたね。
いい意味で趣味が出ているなぁって思いました。

ポッドキャストではたしか「もともとは10分のWEB公開系ミニドラマシリーズ」だったと話されていたので、わかりやすく緩急のついた場面展開(ぶつ切り)するのかなと予想してたんですが全然そんなことなくて、そのまま1本の映画でした。最初戸惑いながらもだんだんと全貌が見えてくる感じが非常に見応えありました。

劇場公開を見た方のレビューに「長澤さんファンなら100満点では」という意見がありましたが、それはもちろんのこと、アクション映画、特に特撮が好きな人はすごく楽しめる作品だと思います。オススメ。

トラベラーズ 次元警察 [DVD]
角川書店 (2013-08-23)
売り上げランキング: 573

本日発売

トラベラーズ  次元警察
林 壮太郎
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 466,654

脚本を担当された林壮太郎さん自ら執筆のノベライズはこちら。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック