マジック・ツリーハウス / メダルを集めるため、兄妹は本の世界を大冒険。主役の吹き替えは芦田愛菜&北川景子

マジック・ツリーハウス [Blu-ray]

全世界でベストセラーの児童書をアニメ化。
不思議なツリーハウス(木の上に建てられた小屋)、そしてそこにあった大量の本。それを見つけた兄妹たちが4つのメダルを探すために本の世界を大冒険。
兄ジャックの声を北川景子、妹アニーを芦田愛菜。魔法使い役として真矢みきさんが担当。

あらすじ
本が好きで内気な兄ジャックと、動物が大好きでおてんばな妹アニーは大の仲良し。ある日、ピーナッツと名付けたネズミを追いかける中で、2人は図書館のように多くの本が並ぶ不思議なツリーハウスを発見する。そこは本の世界に行ける魔法のツリーハウスだったのだ。恐竜の世界を冒険した彼らは、途中奇妙なメダルを見つけ出す。ピーナッツが開いた本によると、どうやら4つのメダルを集めると奇跡を起こせるらしいのだが……(WOWOW)


好奇心旺盛でどんどん先に進む妹と、冷静に状況を整理してすべきことを見極める兄というコンビで、4つの異なる世界を冒険するという非常にわかりやすいストーリーながら、太古の恐竜時代や、テルマエロマエの舞台のような世界、悪い海賊の世界など、テンポよく進んでいくので飽きさせない。
冒険を進めるなかでジャックが兄としての自覚をより発揮させたり、自分に対する自信をつけていく様子も見どころの一つで、日常→本を開いて異世界へという繰り返しで構成されているため、ロミオとジュリエットの主役に抜擢されたりと、ジャックの成長期としても面白かった。
本が好きな子供はとくに「このお話の中に入ってみたいな」と思うことも少なくないと思うのでそれをテーマにした原作がヒットする理由もうなづけますし、この映画はシリーズ初期のお話を軸にしているようなのでその魅力をちゃんと描けていたなと感じました。
※まだ冒険は終わらないというような含みを持たせていたので、これを期にシリーズ原作本を読みたがる子供も多いのではないでしょうか。
吹き替えで見たのですが、芦田愛菜ちゃんはすぐにわかり、視聴途中でネット検索し確認したところ、ジャックのほうが北川さんと書いてあってびっくり。女性声優さんが男の子役というのは珍しくないことなのでそんな感じかなと思っていたのですが、全然気づきませんでした。
WOWOWにて視聴。次回放送は未定です。
マジック・ツリーハウス [Blu-ray]
メディアファクトリー (2012-08-03)
売り上げランキング: 62,354

マジック・ツリーハウス [DVD]
メディアファクトリー (2012-08-03)
売り上げランキング: 48,316




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック