アマルフィ 女神の報酬/織田裕二主演。イタリアを舞台に少女誘拐やその裏で計画された事件解決に挑む外交官。

アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]

イタリアを舞台に織田裕二扮する外交官の活躍を描いたサスペンス。フジテレビ開局記念作として製作され、同じく織田主演で大ヒットした「ホワイトアウト」の真保裕一原作。「県庁の星」ほかの西谷弘監督。
共演は天海祐希、佐野史郎、佐藤浩市、伊藤淳史、戸田恵梨香、そして特別出演に福山雅治
あらすじ
G8に参加している国の外相会議がイタリアで開かれることになるが、同国で日本人を標的にしたテロが予告され、外交官の黒田康作はクリスマス目前のローマへ。するとひとりの日本人少女が失踪する事件が起き、黒田は少女の母、紗江子の通訳をしながら犯人捜しと少女の奪回に乗り出す。しかし現地の警察から越権行為と批判され、黒田は日本大使館内でも孤立。やがて犯人一味の真の目的が、あるVIPへのテロだと判明していく。
WOWOWの番組案内より。


黒田から漂う「こいつタダモノじゃない」オーラ。豪華共演でしたが最後まで織田裕二のかっこよさ光る、彼が主人公の映画でした。ジェイソンステイサムっぽい。
フジテレビ開局50記念作品ということで、タイトルにもなった「アマルフィ」他イタリアを舞台にしてるので全編ロケですし、共演者も豪華。しかも主題歌提供だけでなくサラブライトマン本人も登場したりとかお金をかけたなっていうのが伝わってきました。
そのあたりのせいで「美しいイタリアの景色」と「音楽」に注目されがちですがストーリーもなかなか凝っていて、特に黒田が外交官であること以外わからない(でも何か意味があってイタリアに来てると匂わす)ので天海さん演じる紗江子の『異国の地で娘をさらわれてしまった』『便りがいがあるっぽいけどミステリアスな男黒田の存在』っていうところに感情移入して本当にハラハラさせられました。
そんなスリル満点な中でも現地警察のパトリーニのどこかすっとぼけたキャラクタ(ボールはトモダチ)や、あの有名な場所でジェラートを踏みつける、そして黒田に振り回される戸田恵梨香などちょっとしたゆとりを挟むことで全体のバランスがよかったし、ラストの名曲と相まってスケール感のある感動を味わえました。

この映画の続編としてドラマ「外交官:黒田康介」と「アンダルシア 女神の報復」が製作され、より黒田という男を掘り下げ、彼のさらなる活躍が描かれてますが、残念ながらどちらも見れていないので、とりあえず近日中にアダンルシアを視聴&ここでご紹介したいと思います。

↓携帯の動画サービスでのみ配信されていた「アマルフィ:ビギンズ」なる前日譚もあるようです。
こちらは本編とセットのお得なもの。
アマルフィ 女神の報酬 ビギンズ・セット (本編DVD+特典DVD)2枚組
ポニーキャニオン (2010-01-01)
売り上げランキング: 54,757


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック