それでも、愛してる / うつに苦しむ男を再び立ち上がらせたのは、ビーバー!?

それでも、愛してる スペシャル・エディション [Blu-ray]

うつ症状に悩む主人公は家を出、自殺も考えるのだが、ごみ箱でビーバーの腕人形を見つける。ふと気づくとまるで腹話術のようにビーバーとひとりでに会話を始めていた。これなら人と話せる、家族とやり直せる。奇行とも思えるこの治療法で、少しずつ回復していくかのように見えたのだが…
ジョディフォスター監督&出演。主人公にメルギブソン。
あらすじ
玩具会社を経営し、妻と2人の息子に囲まれて何不自由ない生活を送っていたウォルターは、あるときうつを患う。薬やカウンセリングでも症状は好転せず、妻や思春期の長男は心を閉ざした彼の姿に苦悩し、疲弊していく。生きる希望を失い、自殺を考えて家を出たウォルターは、ふとゴミ箱からビーバーのパペットを拾い、まるで人形が口をきいたかのようにひとりで会話を始める。彼は、この人形を介せば他人と話せることに気づき……。(WOWOWの作品案内より


動画を見てもらえるとわかる通り、このビーバーが非常にかわいい。無意識なんでしょうけど、ウォルターは器用に人形を動かして口だけでなく、相手の方を向いたり目線を合わせたり、本人とのシンクロ率がすごいことに。しかも食事したりジョギングしたりお風呂入ったり寝たり…常に腕にはビーバーをはめたまま。
ドライヤーで乾かしてあげるシーンは爆笑ものでした。
長男ポーターだけは難色を示すものの、家族との絆も少しずつ回復、仕事にも復帰し、ビーバーもヒントとなってさらに業績を伸ばしていく。すべてが好転していくかのように見えたのですが…
これは家族の再構築の物語なので、最終的にはハッピーエンドにはなるものの(ご安心ください)やはり一筋なわでいかないのが現実。同じうつを扱った「ツレがうつになりまして」を思い出しながら見ていましたが、それとはまた別の切なさを感じます。後半特に予想外の方向にいったのでちょっと驚きました。
家族ということでポーターにもスポットが当たります。彼が父親や自分に抱えてるもの(なくしたい、直したいものを壁にリストアップしてたりとか)と、同級生の女の子ノラが抱えてるもの。彼女のストーリーを絡めつつもウォルターとポーターの関係の変化、家族が再びお互いに目を向き合う過程が描かれています。
卒業スピーチの内容、そしてあのラストは胸を打たれます。
ポーター役にターミネーター4のカイルなどを演じたアントン・イェルチン。ノラにハンガーゲームほかのジェニファーローレンスと、主演の二人以外も豪華。

WOWOWにて字幕版録画、視聴。DVDにも字幕版のみの収録だそうです。
次回は6月27日放送予定。
それでも、愛してる スペシャル・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012-11-09)
売り上げランキング: 73,295

それでも、愛してる [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012-11-09)
売り上げランキング: 80,925




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック