ドラゴン・キングダム / ジャッキー・チェン&ジェット・リー共演のアクションファンタジー

ドラゴン・キングダム [Blu-ray]

新旧、というと語弊がありますが2大アクションスターであるジャッキーチェンとジェットリーが豪華共演。
カンフー映画好きの青年が古代へと迷い込み、二人の師匠とともに悪の将軍に挑む。
西遊記など中国のファンタジー要素を取り入れつつアクションてんこ盛り、見ごたえ十分な作品。
もちろん吹き替えで見るのがオススメ!

あらすじ
現代のボストン。高校生のジェイソンは中華街の質屋で光っている棒に目をとめる。それは夢の中でモンキー・キング(孫悟空)が使っていた金の棒だった。店主のホップ(ジャッキー・チェン)によると彼の一族が代々引き継いで持ち主を待っているという。その質屋が不良たちに襲われ、凶弾に倒れたポップから棒を託されるジェイソン。不良から逃げる途中、屋上から墜落。意識を取り戻すと自分が古代中国に似た異世界キングダム(Forbidden Kingdom/禁忌王国)にいることを知る。驚く間もなくジェイド将軍の軍団に捕まりそうになるが通りがかったルー・ヤン(ジャッキー・チェン)に助けられた。悪党を倒し孫悟空を救う使命を知ったジェイソンは、将軍を敵と狙うゴールデン・スパロー(リウ・イーフェイ)、白衣の道士であるサイレント・モンク(ジェット・リー)と出会う。最強の師匠のもとで修業をつむジェイソンだったが…(wikipediaあらすじを参考。


序盤こそ、舞台装置をバンバン活用したいわゆるジャッキーアクションでしたが、後半にかけてのワイヤーアクション含めた怒涛のカンフーシーンは迫力満点で最高でした。ジャッキージェットで「双J」計画という大々的な宣伝がなされたようですがその期待値を裏切らない素晴らしい作品。
中盤あたりのジャッキー対ジェットリーはカンフー映画、いやアクション映画ファンならテンションマックスになること間違いなし。おなじみ酔拳とか蟷螂拳とかバンバン出てきます。
ジャッキーというとリメイク版のベストキッドが記憶に新しいのですが、ジェイソンがタイプの異なる二人の師匠から教えてもらい、どんどん成長していくのもまた、王道ですがグッと来ましたね。
「悪の将軍によって石にされた孫悟空の封印を解くため、彼のもとに如意棒を届ける」がゴールなわけですが、クライマックスのアクション、これがもう良かった。舞台が舞台なのでファンタジーチックな演出もありますが、基本はカンフーで魅せてくれます。
ジャッキーもジェットリーも一人二役やってるんですが、最初の方全然わからなくて、再登場してやっと気づきました。
オチとしても序盤の展開と対比させたカタルシスのあるとても小気味いい演出だったし、向かいの店の名前とかもうベタだけどジーンときちゃいましたね。
吹き替えはもちろん石丸博也。ジェットリーも池田秀一さんでこれまたイメージ通り。
やっぱりジャッキー最高だ。

ドラゴン・キングダム [Blu-ray]
ジェネオン エンタテインメント (2008-12-05)
売り上げランキング: 18,276

ドラゴン・キングダム プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2008-12-05)
売り上げランキング: 25,526



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック