アイアン・スカイ / 月の裏側に隠されたナチスの基地。ついに彼らが攻めてくる!?

アイアン・スカイ(Blu-ray Disc)

かつてスタートレックのパロディ映画を制作したフィンランドのT・ヴオレンソラ監督ら製作陣が作った「もしもナチスドイツが月の裏側に存在していたら」という大胆な作品。
製作費を募ると一般の方からのカンパが1億円を超え、予告編の再生回数が1000万を突破ということでも話題となった、僕の大好きな「とんでもないことを大真面目にやってる面白さ」の最たるもの。相当な期待をしていたのですが、それを裏切らない、傑作でした。
あらすじ
2018年、合衆国女性大統領の再選対策のため、アフリカ系男性モデルのワシントンがロケットで月面に送られる。彼は月面でカギ十字のマークを付けた一味に捕まり、彼らの基地に連行される。彼を捕まえたのは第二次世界大戦後、月の裏側に移住して第四帝国を作っていたナチスの残党たちで、着々と軍備を増強して地球侵略の機会を狙っていた。ワシントンが第四帝国に協力させられる一方、地球では彼らを迎撃する準備が始まり……。(WOWOW番組案内より


B級映画のスケールの大きさでありながら、時代を感じさせるナチスの機械や迫力の宇宙での戦闘シーンなど対策顔負けのクオリティ。
地球侵略をもくろむナチスと、それを利用して自分の再選を有利にしようとする大統領、そしてその側近という思惑の横で、白人化する薬によってアーリア人になってしまった元黒人のワシントンと彼の心情を知り少しずつ本当の平和のためにするべきことに気づくナチスの女性…
もちろん笑いもありながら最後にはいい感じの終わり方なのでそこも大満足。
あまり説明せずに見てもらって、笑ってもらいたいというのが本音ですが、合わない人は「なにが面白いのかわからない」映画かもわかりません。
なんとなーくのレベルですけど、いろいろな映画のオマージュというかパロディも含んでるのでそういうのもニヤっとできます。
※予告編で大笑いしてるシーンは某国の代表が「実はUFOは将軍様が作らせたものです」とか言い出したシーン。こういう風に結構アレなジョークでてきます。
ともあれスローモーションの映像にピアノっていう演出は余計に笑ってしいます。
期待通り、いや期待以上に笑わせてもらいました。
WOWOWにて字幕版を録画、視聴。
実はBlu-rayが安くなるのを待っているのですが、6/2,6/25にWOWOWで吹き替え版が放送されるので、それを最高画質で録画して、保存版にする案も考えています。
と、思ったら8月にディレクターズカット版が発売だそうで。
そちらを待つのも一つですね。
アイアン・スカイ Blu-ray 豪華版(初回数量限定生産)
松竹 (2013-02-08)
売り上げランキング: 23,106

アイアン・スカイ [DVD]
松竹 (2013-02-08)
売り上げランキング: 3,275

アイアン・スカイ ディレクターズカット版(Blu-ray)
松竹 (2013-08-28)
売り上げランキング: 453




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック