ヒミズ 普通を夢見た少年の、もがきや苦しみ。生きることの意味、人と人の絆を問う衝撃作

ヒミズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

「愛のむきだし」で注目された、鬼才・園子温監督が古谷実の原作コミックを映画化。東日本大震災の後、ある少年少女を中心に、再生を目指す人々の姿を力強く描いた力作。
ストーリー、テーマもさることながら、主演である染谷将太二階堂ふみを中心とした出演陣の演技力や話の展開も相まって僕の中ですごく衝撃を受けた映画。

あらすじ
崩壊家庭の15歳の少年・祐一の夢は、誰にも迷惑をかけない平凡な大人になること。そんな祐一にクラスメートの景子は好意を抱き、祐一の母親が営む貸しボート屋を手伝うなど、積極的に祐一に接近する。それを少々疎ましく思いながらも、祐一は少しずつ世間に心を開いていく。しかし、借金を作って蒸発していた父親が帰ってきたことで祐一の運命は変わる。しかも母親が中年男性と駆け落ちしたことから、祐一はすべてに絶望し……。(WOWOW作品詳細より


年齢以上に大人で、達観してて、確固たる自分を持ってて。でもそんな祐一だって15歳の男の子なわけで。
平気なふりしていても、いつか心が限界を迎えてしまう…
震災、家庭環境、借金、やくざ。さまざまな要因が重なって祐一が疲弊していくのは見ていてつらかったけれど、何より一番衝撃だったのは祐一や景子の親。本当にこんな親がいるのか?フィクションだからってやりすぎじゃないのか?って思うレベルでしたが、でも現実はこれくらい精神的にキツイ状況でも必死に耐えてる子供たちもいるかもしれないんですよね。腹が立つっていうようりただただ悲しかった。
ダークサイドに堕ちかけてもなお、うざいくらいに付きまとう景子や、ボート屋の周りの人々のやさしさ。でんでん演じるやくざ。人と人との絆って何だろうって思いました。
絶望的な状況のなかでも光はあって、希望はあって。

衝撃的な内容で、それこそ中学生くらいにこんな映画を見ていたらいろんなことを考えてしまったというか、かなり影響受けたんじゃないかな、と思いながら見ていたのですが、そんな心配も無用になるくらい、ラストがとてもさわやかな終わり方で、素晴らしい作品でした。

ヒミズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2012-07-03)
売り上げランキング: 10,605

ヒミズ コレクターズ・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2012-07-03)
売り上げランキング: 7,356

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック