プリティフープ/弱小女子バスケチームとコーチとの絆

winningseasonax104-60f1-9jpg-b5c3ec21478efbd7.jpg

古い友達の頼みで女子バスケットチームのコーチとなったビル。一見いい加減そうに見える彼はバスケに対する姿勢は本物で、彼女たちはみるみる成長していく。
日本未公開・DVD未発売ですがご紹介。
あらすじ
ある理由から高校男子バスケ部のコーチをクビになり、ウェイターとして働くビル。彼のもとに、とある高校の校長を務める旧友テリーが現われ、女子バスケ部のコーチにスカウトする。女子チームと聞いてためらうビルだが背に腹は代えられず、依頼を受けることに。ところがこのチーム、有望とのテリーの話と裏腹にやる気があるのか分からない部員がわずか6人。おまけに無愛想で不機嫌なビルの指導が部員から総スカンを食らい……。(WOWOWの番組詳細より


スポーツ青春モノの王道ですがビルとチームメイトだけでなく、離婚したまにしか会えない娘(同じく女子バス選手)との関係の修復も絡めていて、ビル本人の一見ダメ男だけどバスケに対する熱意や、どれだけ愛娘を大切に思っているかが手に取るように分かって、心にくる物語でした。
チームメイトが低俗な中傷に憤るのをなだめていたと思いきや、自身のこと(ウェイター)まで触れられると一転して「殴っていい」というのは笑いました。
メンバーも少なく、チアなどの応援もない。だけど、お互いを信じ、勝利を目指す。テンポよく次々と成長を遂げていく彼女たちは小気味よかった。
コーチ役はサム・ロックウェル。メンバーにはエマ・ロバーツ他。
現代はThe Winning Season。フープというのは輪っか=バスケのゴールリングという意味で、得点することをフープと言ったりするらしいです。

WOWOWにて字幕版視聴。
次回は4/14(日)午前5:20 放送
WOWOW

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック