パーフェクト・ガイ / 失恋し傷心してる彼女の前に現れた、完璧な男。交際がはじまり両親への紹介も済ませトントン拍子に進展するかに思えたが、ある日彼の本性を知り、別れを決意。その途端、サイコなストーカーに変貌して……。

パーフェクト・ガイ [DVD]


これ以上ないくらいのいい男かと思ったら、実はとんでもない側面を持っていた。それだけに止まらず、ストーカーと化した彼に執拗に狙われてしまう女性の恐怖を描いたサスペンス作品。
出演はサナ・レイサン(エイリアンVSプレデター他)、マイケル・イーリー(ドラマ「フラッシュフォワード」)
あらすじ
長きにわたり交際してきた恋人と別れ傷心の日々を送るリア(サナ・レイサン)の前に、魅力的な男性カーター(マイケル・イーリー)が現れる。瞬く間に二人は惹(ひ)かれ合い恋に落ちるが、ある出来事をきっかけにリアはカーターの異常な凶暴性に気付く。徐々にカーターの本性があらわになると同時に、リアはトラブルに巻き込まれていき……。(シネマ・トゥデイより)


予告動画でもその恐怖は十分伝わると思うんですが、このカーター、先日紹介した「リベンジトラップ」とまた別のサイコっぷりで、ほんとに不気味です。最序盤こそ、欠点ないだろっていうくらい優しくてカッコよくて、やっと運命の相手に巡り合ったと喜んでいた主人公リアですが、
それは彼の全てではなかったんです。子育てに励むリアの友人に「母親はこの世で一番偉大な仕事だ」って言ってみたり、一緒に野球を見ようと誘った父親に対して、実はスタジアムのチケットを用意してたり、周囲への印象もかなり高め。思えばそれも全部作戦だったのでしょうか。

彼の車に興味を持ってリアに話しかけてきた一般人をボッコボコにしてしまい、それで一気に気持ちが変わってしまいます。100年の恋も冷める瞬間って奴です。そこから距離を置いて、別れることになったのですが、カーターは諦めかなかった。ここから「ストーカー編」がスタート。
ほんとこれは不気味すぎてドン引きします。特に勝手にカーターの家に忍び込んで、飲みかけのグラスを愛おしそうに舐めたりするシーンとか、怖くなったリアが元彼とよりを戻したあとでは、彼らのベットの下で息を殺して潜んでいたりとか。ほんといっそ殺してくれよ!って思っちゃいそうな怖さです。

当然というかなんとかいうか、犠牲者が出てしまうのですが、そこからの展開、リアの行動がちょっと予想外でびっくり。ハラハラはしたものの、最後はスカッと見終わることができました。この手のジャンルは警察が無能だったりちゃんと取り扱ってくれないパターンも多いのですが、最後のとっておきアドバイスを含めてかなりやり手でしたね。GJと言いたい。

不思議なのはカーターがどうしたかったのかと言うこと。もちろんリアが好きで、自分だけのものにしたいのはわかるし、振り向くのを確信してるところまではわかるんですが、彼女の職が危ぶまれるような行動とったのは理解不能です。仕事も辞めて誰にも会うなってことでしょうか。とある映像(隠し撮り)を送りつけるんですが、まじでイカれてるなーって思いました。

カーター役のマイケルイーリー、最序盤の優しいイケメンというのも違和感なかったですが、暴走しだしてからの目がイっちゃってる感じが特に良くて、演技が光っていました。

PG12指定ですが、前述の通り最後の後味は悪くなかったです。

スターチャンネルにて吹き替え版を録画、視聴。

パーフェクト・ガイ [DVD]
TCエンタテインメント (2016-10-05)
売り上げランキング: 188,819


動画はこちら
パーフェクト・ガイ (字幕版)
(2016-10-05)
売り上げランキング: 43,171

この記事へのコメント